• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 795
  • 公開日時 : 2016/10/25 06:00
  • 更新日時 : 2018/04/02 16:08
  • 印刷

端末(デバイス)が電池切れとなった場合でも、Apple Payは利用できますか?

回答

電池の残量が完全になくなると、Apple Pay(iPhone)のすべてのサービスが利用できなくなりますので、電池の残量には十分ご注意ください。
※AndroidでモバイルSuicaをご利用の場合も同様です。

もし、Suicaをご利用で、移動中に電池切れとなった場合は、お近くの駅改札係員にお申し出ください。

改札内で端末が電池切れとなった場合は、一旦現金で運賃の精算をお済ませください。後に、電源がONになった状態で、改札入場時のデータ消去をお申し出ください。

なお、改札内で一時的に電源が切れても、改札入場の記録は消えずに残っていますので、再度充電または電源をONにすれば、そのまま自動改札をお通りいただけます。

【関連情報】
Apple PayでのSuicaについて(JR東日本ウェブサイト)
Apple Payのご利用について詳しくはこちらApple社サポートページ
 

アンケートにご協力をお願いします。
このFAQは、お客さまの問題を解決できましたか?